Call: 0123456789 | Email: info@example.com

レーシック老眼手術について

レーシック老眼手術というのは老眼を矯正するための手術になるのですが、その方法は4つに分けることができるといわれています。ひとつはCK(ConductiveKeratoplasty)といわれるもので、世界での症例数は10万件以上ともいわれその信頼感が人気の理由になっています。そしてもうひとつがアキュフォーカスリングというもので、コンタクトレンズよりも小さいリングを角膜に埋め込むという治療方法です。両目の見え方を変えるというモノビジョンレーシック、そしてレーザーをつかって矯正するというのが老眼矯正レーシックになっています。これらはそれぞれにおいてメリットとデメリットがありますので、くわしくはそれぞれのクリニックや医師にくわしい方法などを聞くようにしたいものです。いずれにせよ信頼できる病院やクリニックで手術をすることが重要です。

レーシック老眼手術について

レーシックが受けられない人

レーシック手術というのは、手術によって視力矯正をするというものになっているのですが、だれでも受けることができるものではありません。では具体的にどのような方は手術ができないのでしょうか。まず挙げることができるのが角膜の厚さです。角膜がもともと薄いという場合には、術後の角膜強度にトラブルが発生してしまうことがあります。さらに病的に角膜が薄くなるといわれている円錐角膜の病気の方もレーシック手術を受けることができません。またほかにレーシックができないかもしれないケースといしては高血圧や糖尿病もあげることができます。なぜこのような状況だとできないかというと、手術を受けた後角膜が治癒しにくいことがあるからです。激安をうたっているクリニックのなかには状況に関係なく手術をしようとするところもありますが非常に危険だといえるでしょう。

レーシック手術について

私は視力が良くありません。小さい頃から良い方ではなかったので、眼鏡をかけていました。普段の生活には不便は感じなかったのですが、運動する時や寒い所から暖かい所に入る時などは眼鏡が曇ったりしてちょっとストレスを感じていたので、高校入学を機にコンタクトレンズを着用し始めました。ハードだと違和感があったし着脱する時に痛みを感じていたので、ソフトコンタクトレンズを使用していました。すると、目が乾いた時以外は違和感もないし楽なので社会人になるまで使い続けていましたが、最近友達がレーシック手術を受けてコンタクトよりも更に楽だと教えてくれました。起きてから寝るまで目が見えないというストレスから回避できるのはとてもいいことだと思うので、私も手術費用などをもう少し詳しく調べてからレーシック手術を受けてみようかと思っています。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*