Call: 0123456789 | Email: info@example.com

レーシック手術の仕組み

レーシック手術は視力矯正に効果的だといわれていますが、その手術の仕組みはどのようなものになっているのでしょうか。そもそも視力が悪くなるというのは、角膜の屈折力がずれることに起因しています。この部分をレーザーによって矯正するというのがレーシック手術になるのですが、このためにはどのような工程で手術が行われるようになっているのでしょうか。まずは点眼によって麻酔を行っていくことになります。そして角膜を切開してフラップといわれる蓋をつくりレーザーで屈折力を調整していくことになっています。このように聞くとかなり大げさな手術だと思えるかもしれませんが、実際には両目でわずか20分ほどで行える手術ですので、非常にスピーディーな手術だといえるでしょう。入院なども必要ありませんし、手術当日に帰宅することができます。

レーシック手術の仕組み

レーシック手術の経験談

友達が去年レーシック手術を受けました。友達の彼氏に勧められて決断したようですが、目の手術となると不安が大きく決断するまで半年かかったそうです。目が悪い人にとって、起きてから寝るまでずっと目がしっかり見えるということは大きな奇跡だと思います。しかし手術を受けるまでの少しの間はコンタクトレンズは着用禁止だったり、色々制限があるそうなので大変だったようです。手術後も少し目が痛かったし、光が辛いなどという後遺症はあるものの、やはり裸眼で1.0くらいの視力になれたのは感動したと言っていました。手術を受けたら、ずっとそのままでいいのかと思っていたら、きちんと年に1度は検査をしているそうで、アフターケアもしてくれるのは嬉しいなと思いました。ただまだまだ手術できる病院が少ないので、もっと多くの病院で手術できればいいと思います。

レーシックでの失明の危険性

レーシックに関するトラブルなどを聞くと、レーシック手術によって失明の危険があるのではないかと感じるかもしれません。では実際のところどのような危険があるのでしょうか。そもそもレーシックというのは角膜といわれる目の表面だけを切開する手術になりますので、目の中心部が傷つくということは理論的にありません。日本では2000年に厚生労働省が手術の安全性を保障していますが、これまで一件も失明になったケースは報告されていません。しかし手術によっていくらかの副作用といわれる症状がある場合があります。具体的には目が乾きやすくなったり違和感を感じるというものになるのですが、大体一ヶ月もすれば違和感もなくなるといわれています。状況が長引くというのであれば手術をうけたクリニックや医師などに診てもらうようにしましょう。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*