Call: 0123456789 | Email: info@example.com

レーシックの支払い方法

レーシック手術はかなりの金額の費用になるのですが、その支払い方法としてはどのような方法があるのでしょうか。一般的なのは現金一括払いというものになるのですが、レーシック手術の場合には費用が数十万円にもなってしまうこともありますので一括では負担が多いと感じてしまうことがあるかもしれません。そのような場合には分割払いに対応しているクリニックなどを利用するのは良いといえるかもしれません。なかには金利はクリニック負担でローンを組むことができるクリニックなどもありますので、費用が不安だという方にはそのようなクリニックで手術をするというのも良いかもしれません。このような分割払いに対応していない場合にもクレジットカードでの支払いに対応しているのであれば、カード会社のローンをつかって分割払いにしてもらうことができます。

レーシックの支払い方法

レーシックの保険適用

レーシック手術というのは基本的に保険外対象治療になっていますので、実費での治療になってしまいます。しかし場合によっては保険適用で手術を行うことができるといわれています。まず現在加入している保険会社に聞いてみるのが一番なのですが、この際にはエキシマレーザー角膜屈折矯正手術という正式名称で聞いてみるようにしましょう。レーシックというと拒否されてしまうことがあっても場合によっては正式名称で言うと可能になる場合があります。ちなみに保険適用で行ってもらう場合には医師の診断書というものが必要になります。保険会社によっては給付金申請用の診断書フォームというものがあるところもありますので、その点にかんしても事前に聞いておくと安心です。ちなみに現在多くの保険会社ではレーシックを保険対象外にしているといわれています。

レーシック費用の税額控除

レーシック手術というのは健康保険対象外になってしまうので、手術費用は何十万円にもなってしまうことがあります。しかし費用の点で負担を軽減することができる制度として医療費控除というものを挙げることができます。この医療費控除というのは年間で10万円以上の医療費が発生した場合に、その分の税金を免除してもらうことができるというものです。このようにすることによって税金をその分減らしてもらうことができますので、総合的にレーシック手術の費用を削減することができるというわけです。ちなみにこの制度を活用するためには申請が必要になりますので、実際にかかった費用の領収書というのをしっかり保管しておくようにしたいものです。くわしい制度の説明に関しては国税庁のホームページから調べることができます。知らないで損をすることがないようにしましょう。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*