Call: 0123456789 | Email: info@example.com

レーシックの予備知識を知っておこう

目の視力が悪い方は眼鏡やコンタクトレンズを付けている方は多いと思いますが、レーシックの手術を依頼する方も増えてきています。一昔前に比べて技術はだいぶ進歩してきたのを境に誰でも簡単に受けることができ、退院も早い方は日帰りの方もいらっしゃいます。レーシックを受けるメリットとしては、今まで煩わしかった見えない環境、例えばお風呂場やメイクなどをするときにはハッキリと見える世界は視力が悪い方にとってとても魅了があります。費用は大体20万ほど掛かりますが、年間のコンタクトレンズや眼鏡の費用と比べればむしろお得と言えるでしょう。逆にデメリットの部分の予備知識を知っておきましょう。それは保険が対象外と言うことです。すべて実費で受けなければなりません。なのでしっかりと計画を立ててから受けるようにしましょう。また術後のケアなどをしっかり行ってくれる場所を事前に調べておきましょう。口コミや実際にその場所で受けた方などの体験談を参考にするといいでしょう。

レーシックの予備知識を知っておこう

レーシック手術を受けたきっかけ

友人が、震災を体験したことをきっかけに視力回復としてレーシック手術を受けたとの話を聞きました。震災時、友人はとっさに身の回りのものを持って家を離れたそうなのですが、その中にコンタクトも眼鏡もありませんでした。最初は、同じコンタクトに目薬を頻繁にさして凌いだそうなのですが、限界がありますよね。そのうちに、感想が酷くなり自然と目から落ちてしまったそうです。それからは致し方なく裸眼か、友人の呼び眼鏡をたまに借りて過ごしたそうです。避難袋に入れておくものとして、主には代替えが効かないものを入れておくと良いと言いますよね。入れ歯や薬も同じですね。誰かのを借りるわけには行きません。友人はその苦労があって以来、備えも必要だがどこでどんな震災があるか分からないから出来ることはやっておきたいと考えてレーシック手術を希望したそうです。

安全にレーシックを行うには

レーシックを安全に行うためにはどのような点に注意することができるのでしょうか。まず注意できる点ですが、レーシック手術というのは日本眼科学会のガイドラインに沿って行われるべきだといわれています。このガイドラインにはさまざまな条件がありますが、たとえば18歳未満、重度の糖尿病、重いアトピーなどの場合には手術ができないことになっています。しかしこのような条件でも行っているクリニックなどもあります。そのようなクリニックのなかには後でトラブルが起きても保障をしてくれないものもありますので、後のことを考えるのであればそのようなクリニックは避けましょう。場合によってはセカンドオピニオンとして複数の医院やクリニックで診察を受けてみるというのも確実な方法です。目というのは非常にデリケートな器官になりますので注意が必要です。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*