なぜオリジナルTシャツは一致団結する効果があるのか

Tシャツ オリジナル

文化祭は数ある学生の行事の中でも、クラスメイトやサークル仲間との団結力が一層試されるイベントです。文化祭を成功させるために、クラスやサークルオリジナルのTシャツを作成し、文化祭の当日や準備時間にそれを着て、団結力を高めるのは良い手段です。オリジナルのTシャツの作り方には、特に難しい事はありません。作成の手順としては、まずはTシャツのデザインを決定します。デザインが決定したら、おおよその予算を決めます。何人で何円までの費用を出せるかを概算でも良いので算出しておきます。そこまで決まったのならば、後はオリジナルTシャツ作成を請け負う会社に連絡し、デザインや費用について相談します。そのような会社はインターネットで検索すれば多数ヒットするので、費用や要求するTシャツの質などを考慮し、適切な会社を選択しましょう。

オリジナルTシャツを作る際のコツ

オリジナルのTシャツを作る場合には、何よりデザインに留意すべきです。作成費用も重要ですが、大抵の場合は多人数による同等割の支払いになるので、個人当たりの負担はさほど大きくなく、問題になることは多くありません。一方、デザインに関しては慎重に決めるべきです。ここで重要視するのはデザインの完成形よりも、デザインを決める過程です。例えば、クラスの主要メンバーだけが集まり、そのメンバーだけで決めてしまうといった方法は避けるべきです。仮にそういった手法をとる場合でも、最終決定の前にクラス全員に報告をすべきです。全員が満足いくデザインというのはなかなか難しく、場合によっては難航することもあるかもしれませんが、メンバー全員の意見を可能な限り取り入れたデザインにすることで、より効果的に団結力を高めることができます。

オリジナルTシャツによる団結力の向上

一般的な学校には制服というものがあります。学校だけでなく、社会人になってからも共通の作業服を着用することがあります。スポーツチームであれば色や柄を揃えたユニフォームを着ます。これらは単に職業や肩書を示すためだけではなく、実利的な理由によって、世界中で行われている慣習です。ユニフォームはチームへの帰属意識を高め、連帯感や一体感を生み出します。また、ユニフォームを着用するという段階を踏むことによって、公私の切り替えを意識させる効果もあります。クラスやサークルでオリジナルのTシャツを作成し、仲間たちで同じ衣装を着用することによって、自分たちが一つの共同体であり、Tシャツを着ている間は仲間のために行動すべきであるということを、言葉にせずとも感覚として意識させることができます。